年賀状印刷サービス、自分で写真をアップしてネットプリントを使う


2018年お正月向けの年賀状印刷
注文受け付け中!

例年、ぶっちぎりに安いのはここ!
半額セールは11/15(水)まで!


スマホでも簡単!
いますぐタップ!



年賀状印刷サービス、自分で写真をアップしてネットプリントを使う場合のおすすめは?

年賀状の裏面の作成では、自分で撮った写真を使ってデザインして作ってみたい、という人も多いと思います。

現在、通販で発注できるネットプリントのサービスはイオンやセブン-イレブンといった店舗とネットで注文を受けるサービスもたくさんありますし、ネットのみで完結する専業業者も多数あります。

で、web上で写真を使ったデザイン加工ができてやプリントをそのまま発注できるサービスを行っているところがほとんどです。

予め干支のイラストや背景がデザインされているフレームが用意されていて、その写真を中心に据えたり、アイコン的に使ったり、そんな加工が簡単にできますね。

あまりこだわらなければ、そのテンプレートを使えば、写真をパソコンやスマホからアップし、後は住所・氏名等を記入すればあっという間に完成してしまいます。

ある意味、困りものですがwそのテンプレートは迷うほどたくさんあります。
忙しい年末、もう、えいやっで決めてしまうのもひとつのやり方かも!?


そんな状況であれば、あとは印刷費が安いところを選ぶのみですね!

おすすめはさすが大阪、なにわの商人!という感じの印刷屋さん。
 ↓
ネットスクウェア
https://nenga.print-netsquare.com/

(スマホが使いやすいのがグッド!顧客満足度が抜群なわけです。)




今年一年撮りためた“渾身の一枚”の写真を使ってデザインしたいのなら!

写真プリントの雛形というかテンプレートのデザイン案は・・・正直申し上げて、子供あるいは家族の写真を載せる用、もしくは結婚しました!報告のものが大半を占めている感じです・・・。

 

ですので、年賀状デザインのテーマが

 

・子供、元気に育ってます!
・家族みんなで元気にやってます!

 

とか

 

・結婚して夫婦で楽しくやってます!

 

とか

 

・引っ越ししましたが、家族仲良くやってます!

 

ということなら、選択肢はたくさんありますが、どれかしらのテンプレートに当てはめることができると思います。
予算次第でデザイナーが描き下ろしたオリジナルのものにしたり、印刷の質を上げたり。

 

価格にこだわるならここ!(って、デザインも充実です)

https://nenga.print-netsquare.com/

 

 

でも・・・

 

今年、たとえば写真をインスタグラムにアップしていて、その中で渾身の一枚とも言うべき写真を使うとなると・・・そう、なかなか理想的な写真用のテンプレートは・・・無いですねぇ・・・。

 

これはどうしてか?

 

というとテンプレートをデザインする段階で、家族や子供、ペットの写真を中心に据えることを前提に作成されているからでしょう。

 

ある意味、当たり前ですね。

 

 

 

でも、やっと見つけました。

 

ここならちょっとわかってくれているかも!
というネットプリント屋さんを発見しました!

 

 

これは要するに写真の“引き立て役”としてテンプレートを作っている、というある意味当たり前の思考回路をもったプロのデザイナーさんたちを使っている、ということだと思います。

 

 

写真を引き立てたいのなら、デズニーのキャラのイラストとかは要らないんですよね。
コテコテしていないシンプルで、かつゆとりを感じさせるテンプレート。

 

白地とは限らないですが、要はデザイン的にいわゆる“ホワイトスペース”の使い方がわかっている感じもあったり。

 

 

 

はい、正直、プリント代は安くはないです。(キッパリ)

 

“渾身の一枚”とお財布の重さの、バランス次第ですね(笑)

 

私がいいな、と思ったのはこのふたつのネットプリントサービス。

 

●写真入りデザイナーズ年賀状【年賀家族2018】

nenga-kazoku.com/

 

●ハイセンスな年賀状【GLAM PRINT】
https://print.photoback.jp/nenga

 

はっきり言いますが、2社とも、予算上乗せしてでも使いたいクオリティはあると思いますよ。

 

 

挨拶状ドットコムの年賀状印刷
注文受付が始まっています!
挨拶状ドットコムの宛名印刷無料キャンペーンは、使わないと損ですよ!
>> 挨拶状ドットコムの宛名印刷(無料) <<

挨拶状ドットコムの会員優待サービスが、かなり充実しています。
映画チケットやカフェの飲み物が安くなったり、レゴランドの入場料が・・・
詳しくは公式サイトでチェック!