年賀状印刷サービス、自作のオリジナルデータに対応しているのはどこ?

2018年向けの年賀状印刷は
もう間もなく!
ほとんどが9月からスタートです!
例年ぶっちぎりの安さはここ!
(オープン後に喪中から切り替わります)

>> 選びやすさ・注文のしやすさが抜群の印刷 <<



年賀状印刷サービス、自作のオリジナルデータに対応しているのはどこ?

我が家の年賀状作りについで、です。

このサイトを作っているぐらいなので、あちこち目ぼしいネットプリントサービスの年賀状のデザインテンプレートをチェックしてみたんですが・・・こんなにたくさんあるのに、なかなか自分にとってピッタリのデザインが見つからない・・・w

ということでついに出来合いのデザインテンプレートを使うのはあきらめて自分でデザインを作ってしまいました


で、調べてみたんですが・・・
意外にオリジナルデザインの印刷に対応してくれる印刷サービスが少ない!

更に・・・
こっちからすればデザインは自前なので当然印刷費は最安のレベルだろう、と思っているとそんなことはなく、オリジナルデータによる印刷はけっこう値段が高いことがわかりました。

印刷屋さんとしてもオリジナルで新しく版を起こすよりも、テンプレートがすでに存在している方がコストがかからないんでしょうね。
当然といえば当然なんですが。


ということで、オリジナルデータの印刷に対応している印刷サービスの範囲でどこがいいか吟味してみました。

我が家の結論としては・・
やっぱりここか!のネットスクウェアでした。
https://

料金が安いことで有名なネットスクウェアですが、やはりオリジナルデータでの印刷はネットスクウェア内のメニューとしては最安ではないのですが、それでも他社のサービスから比較すれば圧倒的に安かったです。

注意点としては、PDFのみでの入稿しか選べません。
ネットスクウェアのオリジナルデータの入稿画面


PDFファイルをどうやってつくるの?
と困ってしまう人もいると思いますが、けっこう簡単に作れます。

原稿を作ったデザインソフトでよいので「印刷」のメニューからPDFファイルへの出力が選べます。

今どきの家庭用のプリンターを使っている人なら、印刷時の設定画面で、以下のような「PDF」へ出力できるプルダウンメニューが選べると思います。
ネットスクウェアのオリジナルデータ、PDFファイルの作り方
※画面や、プルダウンで選べるメニューはプリンタメーカーやインストールしているソフトによって異なると思いますが、何かしら「PDF」と入ったメニューが選べると思います。

出力先をデスクトップとかわかり易い場所にPDFファイルを吐き出して、さっそく試しにネットスクウェアのサイトにアップロードしてみてみましょう。

あ、PDF化のときの出力時の用紙サイズが気になると思いますが、ハガキとかは選択肢には無いかもしれませんが、プレビュー画面で見てみるとわかりますがA4とかB5で出力したものでも縮小して納めてくれると思います。


もう一つ注意点ですが、ネットスクウェアのシステムですと、白枠が5mm取られる事になってしまうので、ハガキサイズ(100mm×148mm)いっぱいいっぱいでデザインしているとその分が欠けてしまうことになります。

この場合は原稿を作ったデザインソフトで新規でハガキサイズの台紙を立ち上げて、そこに出来上がっているデザインにを95%とか90%とかに縮小して中央に貼り付けるとよいと思います。
縮小率はネットスクウェアのプレビュー画面で問題無いかチェックしながら決めましょう。
ちょっと手間は掛りますがここだけは慎重にやりましょうね。

ちなみに縮小をかけることでデザインが少し悪い方に変化することがあります。
この時には仕方がないので予め白枠5mmを前提に原稿を作り直しましょう。

あ、我が家もプレビューするとなぜか白い線が入ってしまってちょっと困りましたが、デザインソフトを変えてPDFの原稿を再作成してみたら問題なくなりました。


なお印刷のクオリティですが、ネットスクウェアではオリジナルデータ入力によるオーダーの場合は、印刷グレードはひとつしかなく選べません。

印刷クオリティ重視でいきたい、ということなら下記3社がおすすめですが、当然コストもグッと上がります。ここらへんは考え方次第ですね。




シンプルでわかりやすいネットスクウェア。

口コミも上々です。
https://



【切手代】【宛名印刷】【裏面印刷】【送料】
の合算で一番安い!


らくらく年賀状