年賀状の印刷サービス、宛名印刷ができるところは?


2018年お正月向けの年賀状印刷
注文受け付け中!

例年、ぶっちぎりに安いのはここ!
半額セールは11/15(水)まで!


スマホでも簡単!
いますぐタップ!



年賀状の印刷サービスの便利な使い方

ちょっと比較してみました!

2018年戌年、年賀状や喪中はがきの宛名印刷、安いのはどこ?最安は?
2018年戌年、「年賀状の宛名印刷、最安はどこ?」


ネットで発注できる年賀はがき印刷サービス。
これは便利だな、というものがあります。

宛名印刷まで注文を受けてくれる。


事前にエクセルや住所録ソフト等で宛先住所の整理が急がされます。
でも一度自分だけのデータベースを作ってしまえば、来年以降もそのデータベースは活用できます。

セキュリティについて気になるといえば気になりますが、パスワードさえ複雑にしておけば恐れるなかれ。


一番大事なこと。

年賀はがきの表面も裏面も印刷してもらえる。
時間節約、労力節約、そして精神の開放・・・。

毎年、年末恒例の
ああ、年賀状やらなくっちゃ・・・(ため息)
みたいな“後ろ向き”な気持ちが無くなります。

楽になることで、年賀状作りが“いやいや作業”じゃなくなります。


前向きに年賀状の中でメッセージすることができる。
気持ちがこもります。

「みんなで新年を迎えられることって、本当に喜ばしいことだね!」
「今年こそは、●●頑張るぞ〜」

とか。

気持ちにも時間にも余裕があるので、空きスペースには自筆でひとこと書き添えられる。


こういうユーザーのメリットを意識して印刷サービスを行っている会社。
→ 挨拶状ドットコム

※挨拶状ドットコムでは独自の“お年玉宝くじ”をやっています。
 専用の年賀はがきを使うと、切手代が安くなります



挨拶状ドットコムは、文面(裏面)印刷の料金内で無料で宛名印刷を行ってくれます(期間限定)。
逆に言うと、挨拶状ドットコムを使うのなら、宛名印刷までやらないと、もったいない

それから投函も代行してもらえます。

たとえば年末から年越しで海外出張が予想されるというような場合、正直、その出発直前は準備も含めて忙しく年賀状作りなどやっている暇はありませんよね。

でもデザインだけ選んで宛名も印刷してもらい、投函までおまかせできる。
これを使わない手はないですね。

年賀状の印刷サービス、どうせ使うなら宛名書きまで発注!

たしかに若い時は手書きで丁寧に夜遅くまでかかって、元旦に届くように年賀ハガキを仕上げたものですが、少し歳を取ってくると手書きがしんどくなって来てしまいます。

時間が増えた分、丁寧に年賀状が書けるのではないか、などと若い時は考えていましたが、年をとってみると予想に反して、ただただしんどさが増えるばかり。

だったらプロのデザイナーも手がけるこだわりのデザインで、ちょっとした気の利いたデザインの年賀はがきを友人などに送れば、それだけで「あいつ、気がきいたデザインで送ってきやがる(ニヤリ)」みたいなこともできるわけです。
(もちろん、余裕ができた分、しっかりと一筆くわえることもできますね)

ついでに宛名も印刷してもらえば、ほんとうに年賀状作りが楽になります。

投函代行もありますが、そこはちょっとひと言ずつ書き加えたいということなら、送料無料で手元に配送してもらえばいいだけ。


最近は以前のように出来合いの使い回しのデザインはむしろ減っていて、新進気鋭のデザイナーや書道家の書をデザインに取り入れた年賀状も作れたりします。

これはコンビニやスーパーの店頭一括サービスには限界あり。
挨拶状ドットコムネットスクウェアのような“印刷専業”の、「これで飯を喰ってるんだ!」パワーは伊達じゃありません。

やはりネットのハガキ印刷専業の業者は、デザインラインナップも含めて、ここらへんは気合が違っていて夏頃からその年の冬に向けて準備していたりします。

誰も見たことのないデザインで
(本当はオリジナルな自分で書いたデザインがいいんでしょうけど、自分が絵心ゼロなんだから仕方がない!)
年賀状を送ればまわりからの反響もだいぶ違って、その年の一年は楽しい一年になるかもしれませんね。

次の年は、ご友人たちも変わったデザインの年賀状を送ってきたりして。

こういうやり取りを楽しめるのも、1年に1回しかない年賀状ならではなことではないでしょうか。

年賀状の印刷サービス、宛名印刷がお徳なサービスはここ。

年賀状の印刷サービス、宛名印刷がお徳なサービスはここ。


挨拶状ドットコムの宛名印刷


デザイン充実の挨拶状ドットコム。
少し尖ったものも含めて、いろんなデザインが選べて、宛名印刷が料金内で完結。

納品も手取り可能なサービスを除けば、業界でほぼ一番早いです。

挨拶状ドットコム

>>タップして「切手代が安くなる!?」を確認



らくらく年賀状の宛名印刷


季節が進むとその料金設定のやすさが目立つのがここ!
裏面印刷のみでも、宛名印刷込みでも、郵券代(切手代込みでも)

宛名印刷は基本料金無しで、1枚あたり12円という設定です。

【らくらく年賀状】2018年戌年です。

>>総額を見積るなら、ここ!



.





と、ここまで書いていて
でも、宛名印刷が安くても、総額で安いの?
と気になってしまいました。

ということで、さっそく比較してみました!
年賀状の宛名印刷、最安はどこ?








挨拶状ドットコムの年賀状印刷
注文受付が始まっています!
挨拶状ドットコムの宛名印刷無料キャンペーンは、使わないと損ですよ!
>> 挨拶状ドットコムの宛名印刷(無料) <<

挨拶状ドットコムの会員優待サービスが、かなり充実しています。
映画チケットやカフェの飲み物が安くなったり、レゴランドの入場料が・・・
詳しくは公式サイトでチェック!