年賀状、年賀はがきの印刷が安いのはイオン?

2018年向けの年賀状印刷は
もう間もなく!
ほとんどが9月からスタートです!
例年ぶっちぎりの安さはここ!
(オープン後に喪中から切り替わります)

>> 選びやすさ・注文のしやすさが抜群の印刷 <<



イオン(トップバリュ)の年賀状印刷サービスについて

このサイトではイオン(トップバリュ)の年賀状や喪中はがきの印刷サービスについて情報をまとめています。

イオン(トップバリュ)も含めた各印刷サービスの年賀状・年賀はがきの印刷料金比較

2017年酉年シーズンの年賀状・年賀はがきの印刷サービスの受付が真っ盛り!
11/1より郵便局から年賀はがきの販売も始まりました。

もちろんイオン(トップバリュ)の印刷サービスの受付もスタートしていて早割期間も進行中です。

各社情報が出揃っていますので早割や印刷料金など比較してみてください。
(情報は2016年12月15日現在のもの)


比較対象としたのは以下のサービスです。


年賀状・年賀はがきの裏面印刷料金の比較(郵券代と送料を含)

イオン(トップバリュ)も含めた各印刷サービスの年賀状・年賀はがきの「印刷料金(裏面印刷)と郵券代+送料の合計値」を比較してみました

2017年新春向け、年賀状・年賀はがき印刷サービスの料金比較(比較企業:郵便局、セブン-イレブン、イオン(トップバリュ)、ネットスクェア、平安堂、らくらく年賀状)
(2016年12月15日時点)
上記はあくまで最安と思われる2色以上のデザインの料金比較です。


イオン(トップバリュ)の印刷サービスの料金・価格は安いのか?
イオンは残念ながら10/24までの早割期間の第1段が終わってしまった時点でちょっと価格的なメリットが薄くなりつつあります

これまで秋からずっと裏面印刷で圧倒的な安さを誇っていたネットスクウェアでしたが早割期間が進むことで、逆に定率割引だったところの安さが目立つようになってきています。

らくらく年賀状、平安堂といったあたりが相対的に安くなってきています。


以下で各社の印刷サービスを紹介しますが、各社いろんなデザインがあり紙質や箔付けとかもあったりで単純には価格比較はしにくいのですが、一応カラー版(2色以上)で裏面印刷費が最安のカテゴリー、その中のひとつのデザインを紹介するようにしました。

結果的に地味めなデザインが並びますがご了承ください(笑)。
(最安ならばシンプルに黒一色のものがどこも扱っていますが、みなさんカラーで出す人が多いと思いますのでカラーを前提として比較しています)

なおこれらは裏面印刷の費用のみの比較ですので、切手付きにするか私製にするか、紙質をどうするか差出人名を書き換える複数作るときの複数割引とか宛名印刷とか、修正時の費用とか、いろいろで総額費用は異なってきます。
送料も無料のところが多いですがシステムがそれぞれ異なります。

ですので実際に発注する前に各社のサイトで改めて確認して見積もってから発注するようにして下さい。



各社の年賀状・年賀はがきのデザインイメージ例と枚数別印刷料金



ネットスクェアの年賀状の印刷料金
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)
わたしが調べた範囲ですがスマホの使いやすさはネットスクェアが最高です!

【ネットスクェアの年賀状印刷サービスのデザインの一例】
ネットスクエアの年賀はがき印刷サービス

このデザインの詳細

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
ネットスクエアの年賀はがき印刷サービス、安い?
※税込
※料金はカラー最安の「定番お買い得デザイン」というシリーズのもの。
※上記のような定番以外のデザインでも価格が抑えられているのがネットスクウェア。口コミの良さも注目です。https://nenga.print-netsquare.com/info/voice/
※複数割引は200円/件で上限5件
※送料無料
※宛名印刷は対応無し



【らくらく年賀状の年賀状印刷サービスのデザインの一例】
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)
らくらく年賀状2017年新春向け酉年の年賀状のデザイン例

このデザインの詳細

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
らくらく年賀はがきの2017年賀状印刷サービスの料金
※すべてのデザインが一律の価格設定。
※税込
※割引は郵券代と印刷費(宛名印刷を含)から5%off。
郵券代(はがき代)は5円割引の@47円
翌営業日に出荷(日曜祝日は休)。宛名印刷を含む場合は翌々営業日。
※送料:一律450円(沖縄・離島は600円)
宛名印刷料金:基本料金無し+1枚12円
(詳細:「年賀状印刷、宛名印刷も含めた総額が安いのはどこ?」)
※代理投函サービスあり
※複数テンプレート申し込みの割引は2件500円、3件750円、4件1,000円(最大1,000円)。



郵便局の印刷サービス
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)
2017郵便局の年賀状印刷サービスのパンフレットの画像です。店頭よりもネットを使ったほうが5%安くなっています。
2017年向け最新情報です。

【郵便局の年賀状印刷サービスのデザインの一例】
2017郵便局の年賀状印刷サービス「お買得年賀状」シリーズのデザインの一例
このデザインの詳細

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
(下記はインターネット申込の場合の料金です。店頭より割引率が5%多いです)
郵便局のはがき印刷サービス
※料金はカラー最安の「お買得年賀状」というシリーズです。
※12/10よりweb会員登録をすると10%off。
※web割引5%は初期から1/9まで続く。ただし、これは“web限定デザイン”には適用されない。
※送料・税込
※上記料金は当サイト管理人が割引率より算出しています。端数等、実際とは違う場合もあることを了承ください。※複数割引は210円/件
※宛名印刷料金:基本料金1,080円/件+ 1枚30円(投稿代行も無料)



イトーヨーカドーの年賀状の印刷料金
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)

【イトーヨーカドーの年賀状印刷サービスのデザインの一例】
イトーヨーカドー2017年新春向け酉年の年賀状のデザイン例

このデザインの詳細

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
イトーヨーカドー2017年新春向けの年賀状印刷サービスの料金表抜粋
※最安と思われる「ほんわか日和(プリンター印刷仕上げ)」のもの。(かなりデザインパターンが多いので最安か確認できません)
※税込
※早割料金はインターネットでの申込のもの(web割引)。店頭申込は割引率が異なります。
※複数割引は無し
※送料:店頭受取りで無料
※宛名印刷料金:基本料金 1,080円/件 + 1件30円(税込)



セブン-イレブンの年賀状の印刷料金
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)
【セブン-イレブンの年賀状印刷サービスのデザインの一例】
セブン-イレブン2017年新春向け酉年の年賀状のデザイン例

このデザインの詳細
(デザイン番号7810で検索してください)

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
セブン-イレブン2017年新春向けの年賀状印刷喪中はがき印刷サービスの料金表抜粋
※デザイン例は最安コースの「シンプルカラー」のもの
※web申し込みは常時20%off、上記割引率はこの20%分を含む
※税込
※金額は改めて確認して下さい。こちらで算出しているので端数が異なる場合もあります。
※複数割引はさらに10%off(web申込ならいつでも30%off)
※送料:店頭受取りで無料
※宛名印刷は対応無し



イオンの年賀状の印刷料金
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)
【イオンの年賀状印刷サービスのデザインの一例】
イオンの年賀はがき印刷サービス

このデザインの詳細

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
イオンの年賀状の印刷サービス、安い?
※税込
※料金はカラー最安の「ベストプライスフルカラー仕上げの年賀状」というシリーズです。
※早割料金はインターネットでの申込のもの。店頭申込は割引率が異なります。
※複数割引は無し
※送料:店頭受取りなら無料、宅配なら324円(イオンネットスーパー会員)
※宛名印刷料金:基本料金 2,160円/件 + 1件31円(初回登録料込)
※スピード印刷対応:+540円
イオンカード(WAON一体型)
「使いこなせば、こなすほど。」



挨拶状ドットコムの年賀状の印刷料金
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)
【挨拶状ドットコムの年賀状印刷サービスのデザインの一例】
挨拶状ドットコム2017年新春向け酉年の年賀状のデザイン例

このデザインの詳細

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
挨拶状ドットコムの年賀はがき印刷サービス、安い?
挨拶状ドットコムはこの料金内で大半のクオリティの高いカラーデザインがチョイスできます。料金的には他社と比べると高いですが、実は宛名印刷が無料サービス中なので上記料金内で対応してもらえます。したがって、宛名印刷まで含めた総額では挨拶状ドットコムが安く、もし挨拶状ドットコムを使うのなら宛名印刷までやってもらったほうがお徳ということです。
詳細:「年賀状印刷、宛名印刷も含めた総額が安いのはどこ?

※税込
※12/19以降の金額は改めて確認して下さい
※納期が早い(注文日の翌営業日に出荷!)
※複数割引は1,080円/件
※送料無料(要、会員登録)
※宛名印刷は年末まで無料キャンペーン中
※投函(発送)代行ができる(無料)
※独自のお年玉くじ付きはがきなら5円引き(47円/枚、枚数限定)でなおかつ抽選で賞金ゲット
※50人に一人3,000円が当たるキャンペーン実施中
※寒中見舞いも充実です



平安堂の年賀状の印刷料金
(オープン前。2018年戌年向けは9月スタート)
【平安堂の年賀状印刷サービスのデザインの一例】
平安堂の年賀はがき印刷サービス

このデザインの詳細

この年賀状デザインの料金↓↓↓↓↓
平安堂の年賀はがき印刷サービス、安い?
※税込
※上記は「ネット限定カラーデザイン」の料金
※複数割引は50%off
※スタッフによる校正オプション:324円
※年賀状ファイルプレゼント(先着)
※送料:324円(100枚までならDM便が選べて97円)
※宛名印刷料金:基本料金 1,080円/件 + 1枚32円

.


年賀状・年賀はがきの印刷料金の比較の結論

どこの年賀はがき印刷サービスが最安?格安?安い?その結論は?

イオン・トップバリュの年賀状・年賀はがきの印刷サービスの料金は他社と比較して、安い方であることがわかりました
(追記:イオンは10/24に早割期間の第1段が終了したため、価格面ではメリットが薄くなってしまいました・・・)
ネットスクウェアという安くてデザインも豊富な年賀状・年賀はがきの専業印刷サービスという存在もありますが、イオン・トップバリュの年賀状・年賀はがきの印刷サービスも決して高くないですし、クオリティも問題無さそうです

ただしイオン・トップバリュの年賀状・年賀はがきの印刷サービスについて、ひとつ難点を言えばデザインの選択肢が少ないということです。自分の差し出した新年の挨拶のデザインが他の人のものとかぶっていたりするのはあまり気分はよくないですからね。また人それぞれだとは思いますがわたしなんかは毎年年賀状ぐらいしか連絡を取合わない友人もいますので、年賀状にはちょっと趣向をこらしてみたい気もします。

人によっては年賀状・年賀はがきデザインについて言えば、新年の挨拶なので逆にあまり奇をてらったりせずにオーソドックスな定番デザインを好む人もいるでしょう。ほんとうに好き好きなところもありますので、ある程度料金的に折り合ったなら、デザイン選びを楽しんでみるのもいいですね。

安さで言うと、これは各社デザインや紙質、印刷方法ごとに異なってくるので一概に言えませんので、まずは気に入ったデザインを選び出し、そのデザインの印刷費がいくらになるかを確認しながら進めましょうね。

例年、年賀状印刷サービスで安さが際立つのは以下のネットスクウェアです。早割期間が進むと料金的には他社と並ぶようになってくるので、安さを求めるならネットスクエアの早期割引を活用しましょう。もちろんデザイン案の選択肢も充実しています。


(年賀状の受付は9月よりスタート)
ネットスクウェア
ネットスクエアは何と言っても安いのがうれしいです。かといってデザイン案がショボいかというとそんなことはありません。
口コミの評価が非常に高レベルです。
その理由としてはスマホからの申し込みが非常にやりやすい、ということがあげられると思います。


まず総額で安い!ということなららくらく年賀状
まず間違いないです!

http://rakurakunennga.com/

らくらく年賀状はひとつ注意点があって、スマホでの操作がやりにくかったりします。パソコンを使って申し込むようにしましょう。


納期が早くデザインがいいのでおすすめしたいのは挨拶状ドットコム。
にゃん賀状
挨拶状ドットコム

100人のデザイナーが参加しています!
挨拶状ドットコムは年賀状・年賀はがき・喪中はがきの宛名印刷が無料キャンペーン中、あわせて投函(発送)も代行してもらえます。たとえば海外出張が年内続く人は非常に助かるのが挨拶状ドットコムのサービス。名簿さえ整理できていれば、インターネットからの発注ですべてが完了するという!グッジョブ!ですね。
あと挨拶状ドットコムはWお年玉付き年賀はがきやプレゼントなどが盛り沢山。縁起物ですからいろいろ楽しめるのがいいですね〜。


ところで・・・
年が押し迫ってきた時に気になるのは納期
土日や祝日など休みが来るたびに「年賀状書かなければ・・・」と焦りますよね。
そんな時には納期が早いのは

.


サイトが選びやすいのは平安堂です。

平安堂

平安堂は複数割引がありがたいです。
たとえば友人や親戚向けで家族写真の入ったものと、あとはパパが仕事関係で出すちょっと真面目なやつの2セット頼むとか、そういう場合は、それぞれが割引率が50%となります。
あと喪中欠礼・喪中はがきのデザインがおすすめです。


写真系のデザインが充実して、デザイナーさんのオリジナルデザインを選べるのは家族写真です。
写真入りデザイナーズ年賀状【年賀家族2017】


郵券代(切手代)と宛名印刷、送料などを含めた"総額"が安いのはどこ?

裏面印刷に限ってはネットスクウェアの安さが際立つのですが、郵券代(切手代)と宛名印刷、送料等を含めた"総額"が安くなるのはどのサービスか試算してみました!

詳細:「年賀状印刷、宛名印刷も含めた総額が安いのはどこ?










【切手代】【宛名印刷】【裏面印刷】【送料】
の合算で一番安い!


らくらく年賀状



喪中はがきの印刷、最安はどこ?